ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 土木建築部 > 都市計画課 > 山口県のコンパクトなまちづくり

本文

山口県のコンパクトなまちづくり

ページ番号:0023621 更新日:2022年4月6日更新

タイトル

山口県の白地図、写真

 全国的に人口減少や少子高齢化の進行により、地域活力や、医療・福祉・公共交通などのサービス提供が困難となることが懸念される中、住宅や福祉・商業施設等を一定の区域に集約するとともに、これらの区域を結ぶ利便性の高い公共交通網を形成することにより、誰もが暮らしやすい、コンパクトなまちづくりを進めていくことが重要です。
 本県においても、市町が立地適正化計画を作成、また、コンパクトなまちづくりモデル事業への取り組みが進められており、このページでは、その取り組み内容について紹介します。​

1 トピックス

  • 柳井市立地適正化計画が作成・公表されました(2022年3月31日)
  • 防府市立地適正化計画が作成・公表されました(2021年4月1日)
  • 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)(岩国、岩国南、周南、周南東、防府、山口、宇部、下関及び下関北)を変更(2020年12月)
  • 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)(柳井、平生、田布施、大島、東和、山陽小野田、美祢、長門及び萩)を変更(2020年9月)

2 メニュー

(1)方針や制度

(2)県内の取組

3 関連リンク