ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境生活部 > 環境政策課 > 再生可能エネルギー・分散型エネルギー

本文

再生可能エネルギー・分散型エネルギー

ページ番号:0020652 更新日:2021年11月1日更新

山口県の分散型エネルギー活用に向けた取組について

「分散型エネルギー」とは

比較的小規模で、かつ様々な地域に分散しているエネルギーの総称であり、太陽光発電などの再生可能エネルギーの他、コージェネレーションシステム、熱源機、エネルギーマネジメントシステム、蓄エネルギー機器など様々な形態があります。
このような分散型エネルギーの活用は、再生可能エネルギーの導入による低炭素化、地域の防災・減災、エネルギーの地産地消による地域経済の活性化など、様々なメリットがあると言われています。

山口県の取組

令和2年度に、地域の太陽光発電、蓄電池、電気自動車といったいわゆる「分散型エネルギー」を活用し、地域の様々な課題解決に繋がる取組を検討するため、産学公で構成される「山口県分散型エネルギー活用検討会」を設置しました。
検討会では、各主体の取組事例及び課題の共有、他県事例の紹介、県の分散型エネルギーの状況に関する調査・検討等を行いました。

第1回検討会 令和2年8月27日(木曜日)
第2回検討会 令和2年11月24日(火曜日)
第3回検討会 令和3年2月15日(月曜日)
第4回検討会 令和3年11月22日(火曜日)

第1回検討会第2回検討会

令和3年度の取組

令和3年度からは、再生可能エネルギーの有効活用を目指すため、県岩国総合庁舎にEV及びEV充放電設備を導入し、検討会のメンバーから成るプロジェクトチームが、EVや既存の定置型蓄電池の充電・放電をIoTで制御する実証試験を開始しました。

1 期間

令和4(2022)年2月~令和5年(2023)年3月

2 実施場所

山口県岩国総合庁舎(岩国市三笠町一丁目1-1)
山内県立岩国高等学校(岩国市川西四丁目6-1)

3 実施主体

分散型エネルギー活用実証プロジェクトチーム
(代表者:山口大学大学院技術経営研究科 福代和宏教授)

プロジェクトチーム委員一覧

 

委員・組織

学識者

山口大学福代教授、山口東京理科大学貴島教授

事業者

中国電力株式会社、長州産業株式会社、東芝エネルギーシステムズ株式会社、日産自動車株式会社

行政

山口県環境政策課

4 試験内容

○EV等を活用したエネルギーマネジメントの検討
○EV等の導入によるレジリエンスへの有効性の確認
○車両の稼働状況分析及びEV導入効果等の検討

5 設備概要

 

  岩国総合庁舎 岩国高校
新規設備 EV(日産リーフ40kWh)
EV充放電設備(V2H)
-
既存設備 太陽光発電設備(10kWh)
定置型蓄電池(15kWh)
太陽光発電設備(10kWh)
定置型蓄電池(22kWh)

 設備イメージ

導入したEVの画像

EVと充放電設備の写真

6 進捗状況

●令和3年度(2021年度)

第1回プロジェクトチーム会議 令和3年4月28日(水曜日)
第2回プロジェクトチーム会議 令和3年7月30日(金曜日)
第3回プロジェクトチーム会議 令和3年10月6日(水曜日)

令和3年度分散型エネルギー活用実証試験報告書 (PDF:1.74MB)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)