ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 健康福祉部 > 医療政策課 > 医療介護総合確保促進法に基づく山口県計画について

本文

医療介護総合確保促進法に基づく山口県計画について

ページ番号:0014484 更新日:2022年4月1日更新

 持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律に基づく措置として、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を見据え、医療・介護サービス提供体制の改革を推進していくため、「地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律」(平成26年6月25日成立)により、新たな財政支援制度が創設されました。

 この制度では、各都道府県に消費税増収分等を財源として活用した基金(地域医療介護総合確保基金)を設置し、各都道府県が作成した計画に基づき事業を実施することとなっています。

 これを受け、山口県では、医療及び介護の総合的な確保に向け、毎年度、「医療介護総合確保促進法に基づく山口県計画」を策定し、計画に基づいて事業を実施しています。

令和3年度計画

   令和3年度山口県計画(令和4年2月策定) (PDF:2.1MB)

令和2年度計画

令和元年度計画

平成30年度計画

平成29年度計画

平成28年度計画

平成27年度計画

平成26年度計画

地域医療介護総合確保基金運営要領に基づく公表事項

 公表事項 (PDF:68KB)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)