ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 商工労働部 > 経営金融課 > 経営支援班・農商工連携について

本文

経営支援班・農商工連携について

ページ番号:0021801 更新日:2021年11月1日更新

農商工連携とは、中小企業の経営の向上及び農林漁業経営の改善を図るため、中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携して実施する事業のことで、それぞれの経営資源を有効に活用し、新商品・新サービスの開発、生産等を行い、需要の開拓を行うことをいいます。

1 農商工等連携促進法

中小企業者と農林漁業者が共同で「農商工等連携事業計画」を作成し、その内容を国から認定を受けると、各種支援措置を受けることができます。

 

県内の認定事業者

http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/nintei/list/yamaguchi/index.html<外部リンク>

2 6次産業化と農商工連携の取組について

県では、農林漁業者による6次産業化や中小企業者と連携した農商工連携を一体的に取り組み、県産農林水産物を活かした魅力ある新商品の開発や販路開拓を推進しています。