このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 医療政策課 > がん対策・がん検診における精度管理について

平成29年 (2017年) 5月 24日

医療政策課

がん検診における精度管理について


 がん検診によってがんによる死亡者を減少させるためには、科学的根拠のある有効性の確立したがん検診を正しく実施することが重要になります。有効性が確立したがん検診が正しく実施されているかを確認すること、がん検診の質(精度)を管理することが「がん検診の精度管理」です。精度管理を行い、がん検診の質を高い水準に保つことで、がん死亡の減少につながることから、がん検診の精度管理は、極めて重要になります。


山口県生活習慣病検診等管理指導協議会

 山口県では、健康診査管理指導事業実施のための指針(平成20年3月31日健総発第031012号厚生労働省健康局総務課長通知の別添)第3に基づき、山口県生活習慣病検診等管理指導協議会を設置し、市町が実施するがん検診の円滑な推進を図るための検討や評価及び指導に関することを協議し、精度管理に役立てています。

生活習慣病検診等管理指導協議会設置要綱 (PDF : 109KB)


 協議会は、「胃がん・大腸がん部会」、「子宮がん部会」、「肺がん部会」、「乳がん部会」の4つの部会で構成し、各部会は各関係機関の関係者及び学識経験者で構成されています。各部会で協議した内容は、各市町へフィードバックし、がん検診の精度管理を行っています。


〇平成28年度各がん部会開催状況

部会

開催年月日

胃がん・大腸がん部会

平成29年3月17日(金曜日)

子宮がん部会

平成29年3月10日(金曜日)

肺がん部会

平成29年3月14日(火曜日)

乳がん部会

平成29年3月9日(木曜日)


平成27年度各部会開催状況 (PDF : 117KB)


がん検診の精度管理指標について


がん検診の精度管理指標には、「技術・体制指標」、「プロセス指標」、「アウトカム指標」の3つの指標があります。

指標

指標の意味

技術・体制指標

検診機関の体制(設備、医師・技師等)が確保されているか

実施手順等が確立されているか

プロセス指標

上記の技術・体制の下で行われた検診結果

(検診受診率、要精検率、精検受診率、がん発見率、陽性反応適中度等)

アウトカム指標

死亡率


プロセス指標の概要について (PDF : 82KB)


市町がん検診の実施状況及び精度管理指標について


 各市町のがん検診の実施状況について、がんの部位別、集団検診、個別検診、総計別に県全体の平均を出し、精度管理指標をもとに評価しました。

 ※各市町が国へ報告する「地域保健・健康増進事業報告」と同様の内容で、前年度のがん検診の実施状況について市町から県へ報告をしてもらい、その結果をもとに評価をしています。(「地域保健・健康増進事業報告」では、精密検査結果の報告が、前々年度のものになるため)


厚生労働省 「地域保健・健康増進事業報告」


〇平成27年度実施(平成28年度部会で評価)

胃がん (PDF : 313KB)

大腸がん (PDF : 313KB)

肺がん (PDF : 316KB)

子宮がん (PDF : 349KB)

乳がん (PDF : 323KB)


〇平成26年度実施(平成27年度部会で評価)

胃がん (PDF : 312KB)

大腸がん (PDF : 313KB)

肺がん (PDF : 315KB)

子宮がん (PDF : 344KB)

乳がん (PDF : 306KB)


各市町別精度管理の状況について

各市町別に精度管理指標をもとに各がん検診の評価を行いました。


〇H24~H27年度がん検診実施状況

胃がん (PDF : 334KB)

大腸がん (PDF : 336KB)

肺がん (PDF : 335KB)

子宮がん (PDF : 333KB)

乳がん (PDF : 336KB)


〇H23~H26年度がん検診実施状況

胃がん (PDF : 307KB)

大腸がん (PDF : 306KB)

肺がん (PDF : 307KB)

子宮がん (PDF : 294KB)

乳がん (PDF : 311KB)

お問い合わせ先

医療政策課



お問い合わせ先

医療政策課

閉じる