このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 政策企画課 > 新型コロナウイルス感染症関連情報・知事からのメッセージ

令和3年 (2021年) 1月 15日

政策企画課

新型コロナウイルス感染症 関連情報

(知事からのメッセージ)


 知事メッセージ


県民の皆様・企業の皆様へのお願い(令和3年1月13日)


 1月7日に、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象区域として、国から緊急事態宣言が出され、本日、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県が対象区域に追加されました。


 新型コロナウイルス感染症は、全国的に感染が拡大しており、本県においても、帰省によるものや、孤発事例が発生し、連日感染が確認されていることから、感染拡大防止には、より一層緊張感を持って、取り組んでいかなければなりません。


 県民の皆様、企業の皆様には、引き続き、感染を拡大させないよう、以下の取組について、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。


<県をまたぐ移動についての注意>

  • 対象区域への不要不急の移動については、受験などやむを得ないものを除き、自粛を強くお願いします。
  • なお、隣県の福岡県へ通勤・通学・通院等により移動する場合は、3密を避けるなど、感染防止対策を特に徹底していただきますようお願いします。
  • また、対象区域から、帰省や旅行などで、来県をお考えのご家族やご友人に、皆様から、自粛を強く働きかけていただきますようお願いします。
  • やむを得ず、対象区域から戻られた方や、来県された方は、2週間は体調管理に努めるとともに、体調が優れないときは外出せず休養してください。
  • なお、発熱や咳など感染を疑う症状が出た場合には、速やかに受診・相談センターや市町の特別相談窓口に連絡し、医療機関を受診してください。
  • また、対象区域以外への移動は、移動先の地域の感染拡大の状況や自治体の発する情報に留意して、慎重に判断いただくとともに、移動される場合には、万全の感染防止対策を講じてください。

<企業活動におけるお願い>

  • 対象区域への出張や、対象区域から県内への来訪については、控えていただきますようお願いします。
  • また、対象区域からの、来訪を伴う会議や集客を伴うイベント等の開催は控え、メールやテレビ会議などで代替してくださいますようお願いします。
  • 感染予防及び感染拡大防止のため、対象区域への移動があった従業員等に対する健康管理には格別の配慮をお願いします。

<飲食・会食時の注意>

  • 会話の際には、マスクを着用し、大人数・長時間での会食には特に注意するなど、感染防止対策を徹底するとともに、新型コロナウイルス対策取組宣言飲食店など、感染防止対策に取り組む飲食店の利用をお願いします。
  • 飲食店をはじめとする事業者の皆様方には、業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン」に基づく感染防止対策を再度徹底してください。

<感染予防対策の徹底>

  • 感染を予防するための最も効果の高い対策は、皆様お一人おひとりの感染予防に対する意識です。「新しい生活様式」を実践いただき、3密を避け、「マスクの着用」「手洗い」、「感染リスクが高まる「5つの場面」に注意する」など感染予防対策の徹底をお願いします。

<感染された方等への差別・偏見の防止>

  • 新型コロナウイルス感染症に限らず、感染症は誰でもかかる可能性があります。感染者や医療従事者等への差別や偏見は決してあってはなりません。
  • 感染に関して、根も葉もない噂を拡げることは、厳に慎んでください。
  • 経過観察を終え、検査で陰性が確定した方は、他の方に新型コロナウイルスをうつすことはありません。
  • お一人おひとりが相手を思いやる、そうした気持ちを忘れず、冷静な対応をお願いします。

 令和3年1月13日


山口県知事 村 岡 嗣 政


移動自粛


《関連情報》






 各知事会によるメッセージ


《全国知事会》


「新型コロナ感染爆発」絶対阻止宣言!(令和3年1月9日)

 ~感染しやすい今、予防のレベルアップを~


 全国の新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらず、各地で医療のひっ迫が深刻な状況となる中、首都圏の1都3県に対して緊急事態宣言が発出されました。この背景には、第1波や第2波とは比較にならないほど、感染しやすくなっている第3波の猛威があります。これは、1都3県だけではなく、今や全国的な脅威となっています。


 全ての道府県は、首都圏の1都3県と連携し、お互いの成功事例を参考にしながら知恵を絞り、最善の保健医療行政を展開することにより、これ以上の感染拡大を防ぎ、また、医療提供体制の確保 を図るとともに、緊急事態措置の効果を上げ、新規陽性者数を速やかに減少に転じさせることに全力を尽くす覚悟です。


 国民の皆様・事業者の方々におかれましては、緊急事態宣言が出されているこの時期、感染爆発絶対阻止に向けて行動しましょう。


○現在、感染しやすい時期に入っています。最大限の注意を!

 これまで以上にマスク・手洗い・換気などの感染防止策を徹底し、新型コロナウイルス感染症に対する注意レベルを上げましょう。また、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう。


 ①飲酒を伴う懇親会等

 ②大人数や長時間に 及ぶ 飲食

 ③マスクなしでの会話

 ④狭い空間での共同生活

 ⑤仕事から休憩室、喫煙所、更衣室等への居場所の切り替わり


 事業者におかれても、大切なお客様や従業員のため感染防止を徹底しましょう。


○県境を越える往来 には 注意しましょう!

 緊急事態宣言が発出されている地域への「不要不急の往来」は控えましょう。

 受験などをはじめ、やむをえない用件で緊急事態宣言地域に出かける場合は、感染防止対策を徹底し、対象都県の要請に従いましょう。

 また、それ以外の地域へ往来する必要がある場合は、行き先やお住まいの道府県のメッセージを確認するなど、県境をまたぐ移動には十分注意しましょう。その上で、接触確認アプリ「COCOA」や各都道府県のアプリを利用し、通知があった場合は案内に従った上、その地域の保健医療当局に協力してください。


○新型コロナウイルス感染症に関する偏見・差別は絶対にやめましょう!

 感染者自身のほか、最前線で治療に当たる医療従事者、感染者が発生した団体に属する人、県外から往来された方等に対する誹謗中傷や差別はあってはならないことであり、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない偏見や差別につながるような行為は絶対に行わないようにしましょう。


 令和3年1月9日


全 国 知 事 会




(中国地方知事会、九州地方知事会、全国知事会、日本創生のための将来世代応援知事同盟)





お問い合わせ先

政策企画課

閉じる