このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 環境政策課 > 環境影響評価制度・環境影響評価に係るお知らせについて

令和2年 (2020年) 4月 1日

環境政策課

山口県の環境影響評価(環境アセスメント)制度について


 環境アセスメント制度とは


 環境影響評価(環境アセスメント)とは、大規模な開発事業の実施前に、事業者自らが事業による環境影響について調査、予測及び評価を行うとともに、その結果を公表し、住民等の意見を聴き、環境保全に配慮しようとするための仕組みであり、環境の保全を図る上で極めて重要なものです。

 山口県では、平成9年に「環境影響評価法」が施行されたこと等を契機に、平成10年12月に「山口県環境影響評価条例」を制定し、平成11年6月から制度を運用しています。



 対象事業


 次の事業の種類のうち、その内容・規模により、環境影響評価法又は山口県環境影響評価条例の対象(第1種事業又は第2種事業となります。


環境影響評価の対象となる事業の種類

道路

ダム等

鉄道、軌道

飛行場

発電所

廃棄物処理施設

工場又は事業場

下水道終末処理場

スポーツ施設等

水面の埋立て又は干拓

土地区画整理事業

住宅団地の造成

流通業務団地の造成

工業団地の造成

鉱物又は岩石の採取

複合開発整備事業

港湾計画




         第1種事業:必ず環境アセスメントを実施する事業

         第2種事業:環境アセスメントを実施するか否かを個別に判定する事業


〇 環境影響評価の対象となる事業の一覧 (PDF : 135KB)

  ※「太陽光発電所」が環境影響評価の対象事業に追加されました。(詳しくはこちら (別ウィンドウ)


〇 山口県内で現在手続中のアセス対象事業は、こちらをご覧ください。



 条例の主な手続の流れ


条例手続フロー(概要)


 ①配慮書に係る手続

 事業の位置や規模等に係る計画の立案段階における環境影響について検討し、事業計画に反映します。(条例において、この手続の実施は事業者の任意です。)

 ②方法書に係る手続(スコーピング)

 環境影響評価を行う項目や調査の手法等の案(方法書)を作成し、公告・縦覧を行い、住民や知事等の意見を踏まえて項目及び手法を決定します。

 ③環境影響評価の実施

 ④準備書に係る手続

 環境影響評価の結果について準備書を作成し、公告・縦覧を行い、住民や知事等の意見を聴きます。

 ⑤評価書に係る手続

 ④の意見を踏まえて準備書の記載内容について検討した上で評価書を作成し、公告・縦覧を行います。

 ⑥評価書公告後の手続

 事後調査の結果等について措置状況報告書を作成し、公告・縦覧を行います。


 詳しくはこちら・・・

 アセス条例手続フロー (PDF : 195KB)

 アセス法手続フロー(発電所を除く) (PDF : 225KB)

 アセス法手続フロー(発電所) (PDF : 223KB)



 環境影響評価法等


こちらを参照してください・・・環境影響評価情報支援ネットワーク (別ウィンドウ)



お問い合わせ先

環境政策課 環境アセスメント班



お問い合わせ先

環境政策課 環境アセスメント班

閉じる