このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 廃棄物・リサイクル対策課 > PCB廃棄物・PCB含有安定器掘り起こし調査について

平成30年 (2018年) 12月 25日

廃棄物・リサイクル対策課

ポリ塩化ビフェニル(PCB)含有安定器の掘り起こし調査について


 照明器具の安定器(電灯のちらつきを安定させる装置)には、ポリ塩化ビフェニル(PCB)が使用されているものがあり、PCB使用安定器は、昭和52年3月以前に建築された建物に設置又は保管されている可能性があります。


 法律で、山口県内のPCB使用安定器の処分期間が定められており、PCB使用安定器を使用・保管する事業者は、この期間内にPCB使用安定器を処分しなければなりません(使用中のPCB使用安定器についても、使用を止め、処分しなければなりません。)。


処分期間

平成33年(2021年)3月31日まで


 このため、山口県では、県内(下関市を除く)のPCB使用安定器の使用及び保管に関する実態を把握し、期限内の処分完了に向けた今後の施策に役立てるため、次のとおり調査を実施することといたしました。


1 調査対象者


昭和52年3月以前に建築された建物の所有者

一般家庭用の照明器具にはPCBは使用されていません。

このため、昭和52年3月以前に建築された建物であっても居宅部分については調査対象になりません。

ただし、一般家庭用の照明器具のみ保有している場合についても、調査票に記載し、回答していただくようお願いいたします。



2 調査方法


山口県PCB調査事務局(株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト中国支店)から調査対象者に調査資料を送付します。


調査対象者は、調査資料に従って所有する建物についてPCB使用安定器の保管・使用の有無を調査し、その結果を調査票に記載し、返信用封筒(切手不要)にて、以下の期日までに山口県PCB調査事務局に返送ください。


返送期日

平成31年(2019年)2月28日(木曜日)


使用中の照明器具は感電のおそれがありますので、調査はなるべく電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)に相談するなど、安全な方法で実施してください。

なお、調査には費用がかかります。電気工事業者等に確認してください。


機器の銘板表示で判別できますので、以下の日本照明工業会のWEBサイトを御参照ください。

PCB使用照明器具に関する情報(日本照明工業会WEBサイト)


国において使用中の照明器具のPCB使用の有無に係る調査費や、LED照明器具への交換に係る費用の一部を支援する事業を実施しています。

詳しくは「PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業(H30年度)」(一般社団法人温室効果ガス審査協会WEBサイト)をご覧ください。


3 調査資料


調査票は以下の封筒で送付されます


送付用封筒


(1)【WEB版】依頼文 (PDF : 518KB)

(2)【WEB版】調査票 (PDF : 473KB)

(3)【WEB版】調査票別紙 (PDF : 951KB)


本調査の対象となる建物所有者の皆様におかれましては、本調査への御理解、御協力をお願いいたします。


4 PCB使用安定器を発見した場合の手続き


(1)PCB使用安定器は届出が必要です。

調査の結果、PCB使用安定器の使用又は保管が判明した場合、法に基づき山口県に保管等の状況に関する届出が必要です。

詳しくは、PCB廃棄物に関する届出書のページを御覧ください。


(2)処分期間内の処分

保管事業者は、処分期間内にPCB廃棄物を自ら処分し、又は処分を他人(国の無害化処理の認定を受けた業者等)に委託しなければなりません。

PCB廃棄物の処理は国及び県のPCB廃棄物処理基本計画に沿って進められています。

PCB廃棄物の種類によって、処理方法が異なりますので注意してください。

詳しくはPCB廃棄物の処理についてを御覧ください。


なお、処分期間を過ぎてPCB使用安定器をお持ちの場合(本調査を実施せず、処分期間経過後にPCB使用安定器が見つかった場合を含みます。)には、法に基づく改善命令の対象となる可能性があります。これに従わない場合 には3年以下の懲役若しくは一千万円以下の罰金刑に処せられ、又はこれを併科されることになりますので、御注意ください。


5 本調査に対する問合せ先


●調査概要(調査目的、調査対象の選定根拠及び調査票記入方法等)に関する問い合わせ(山口県委託業務)

  株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト中国支店

   電話:0120-065-533

   受付期間:平成31年2月28日(木曜日)までの9時〜17時(土日・休日祝日除く)

   ※調査票の送付は株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト中国支店宛にお願いします。


●PCBに関する技術的相談窓口(環境省委託業務)

  公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団

   電話:0120-907-033(全国共通相談窓口)

   受付期間:平成31年1月31日(木曜日)までの10時〜17時(土日・休日祝日除く)


●調査実施機関

  山口県廃棄物・リサイクル対策課

   電話:083-933-2988

   受付期間:9時〜17時(土日・休日祝日除く)


●PCB使用安定器を発見した場合の問い合わせ

 各健康福祉センター(環境保健所)


発見したPCB使用安定器は外部に持ち出さず、発見した建物内で保管し、最寄りの環境保健所に相談してください。


6 留意事項


他県においてPCBを含む安定器の保有に関する調査を委託している業者名をかたって、費用を請求する怪しい業者がいる旨の情報が寄せられました。

山口県でも同様の調査を実施していることから、改めて県民のみなさまに注意していただきますようお願いします。


注意ください!!今回の調査において次のようなことはありません。

 ・県の職員や株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト(アンケート調査委託先)が金銭を要求すること

 ・調査票の回答をしないことにより罰則が適用されること


このような業者の訪問や電話があった場合は、警察署やお近くの交番または、山口県庁廃棄物・リサイクル対策に御連絡ください。


7 参考情報(外部リンク)


高濃度PCB廃棄物の処分に関する中小企業等処理費用軽減制度について (別ウィンドウ)

高濃度PCB廃棄物の処分については、中小企業者等への処理費用軽減制度があります。


ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト

PCB廃棄物の確実かつ適正な処理の推進に向けた様々な情報をお知らせします。(環境省WEBサイト)


PCB廃棄物に関する各ガイドライン等 (別ウィンドウ)

PCB廃棄物の処理に関する各ガイドラインが掲載されています。(環境省WEBサイト)


日本政策金融公庫における貸付制度

PCB廃棄物を自ら処分する方または処分を委託する方を対象に、PCB廃棄物の処理に係る運転資金の貸付制度があります。

(日本政策金融公庫WEBサイト)




ページの先頭へ



お問い合わせ先

廃棄物・リサイクル対策課

閉じる