このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 都市計画課 > まちづくり推進班・山口県の屋外広告行政 > まちづくり推進班・屋外広告物条例の改正について(R2年度)

令和2年 (2020年) 7月 29日

都市計画課

山口県屋外広告物条例の一部改正について


○ 屋外広告物(店舗の看板など)は、その設置や管理が適正に行われないと、強風や地震などによって、落下、倒壊し、公衆に危害を与えるおそれがあります。

○ 山口県では、屋外広告物の一層の安全性の向上を図るため、以下のとおり山口県屋外広告物条例を改正しました。


屋外広告物のルールが変わります (PDF : 910KB)


①安全点検の実施義務   ※令和2年(2020年)10月から

○はり紙等を除く屋外広告物の所有者等は、安全点検を行わなければなりません。

点検が不要なもの

点検が必要なもの

・はり紙及びこれに類するもの

・立看板

・広告幕及びこれに類するもの

・気球広告

・はり札

・電柱等広告のうち、巻付け広告、直塗り広告

・壁面等に直接塗装されたもの


左記以外のすべての屋外広告物

・野立て広告(広告塔、広告板)

・壁面広告(直接塗装されたもの以外)

・屋上広告

・塀、かき広告

・電柱広告のうち、突出し広告

・アーチ、アーケード広告 等



○許可を得て設置している屋外広告物の点検は専門知識を有する者が行わなければなりません。

※専門知識を有する者として認められる者

① 屋外広告士

② 建築士(1級・2級)

③ 特定建築物調査員

④ (公社)日本サイン協会及び(一社)日本屋外広告業団体連合会が実施する点検技能講習修了者


○許可申請を行うときは、申請日の3カ月以内に行った点検の結果を報告しなければなりません。

第7号様式の2(安全点検報告書) (Excel : 19KB)

山口県屋外広告物点検実施要綱 (Word : 34KB)

屋外広告物の安全点検に関する指針(案) (PDF : 4MB)


②自家用広告物の許可対象化  ※令和3年(2021年)10月から

○禁止地域や許可地域内にある一定規模超の自家用広告物(店舗等の敷地内にある、その店舗の名称等を示した看板等)は許可を得て設置なければなりません。

※許可が必要となる自家用広告物

禁止地域内にあるもの:表示面積が5㎡を超えるもの

許可地域内にあるもの:表示面積が10㎡を超えるもの


○条例の改正前から存在する、上記に該当する自家用広告物も令和3年10月からは許可を得る必要があります。


○許可を得るためには、許可基準を満たすことが必要です。許可基準や申請手続きは以下のしおりをご覧ください。

山口県屋外広告物関係例規集(R2.5) (PDF : 3MB)


※禁止地域や許可地域の詳細はこちら (別ウィンドウ) をご覧ください。

※許可申請の手続き等はこちら (別ウィンドウ) をご覧ください。

③管理者の設置義務   ※令和2年(2020年)10月から

○許可を得て設置している屋外広告物には管理者を設置しなければなりません。

○管理者を設置(変更)した際は、管理者設置(変更)届を各市町長に届け出てください。

 管理者等設置(変更)届 (Word : 18KB)


④許可期間の延長   ※令和2年(2020年)10月から

○一部の広告物の許可期間を1年から3年に延長しました。

○広告物の種類ごとの許可期間は以下のとおりです。

種別

許可期間

はり紙類、立看板、広告幕類、気球広告

1月

はり札

1年

その他の広告物(野立て広告、屋上広告、壁面広告等)

3年



⑤その他   ※令和2年(2020年)10月から

○公衆に対する危害を防止するために必要な地域を許可地域として指定できることとしました。

○岩国市内に屋外広告物を設置するときの申請窓口が岩国土木建築事務所から岩国市公園景観課(岩国市今津町一丁目14番51号 tel:0827-29-5162)に変更となりました。



改正後の全文等については、以下をご覧ください。

山口県屋外広告物関係例規集(R2.5) (PDF : 3MB)

お問い合わせ先

都市計画課



お問い合わせ先

都市計画課

閉じる