このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 住宅課 > 調査報告書・統計データ・住生活総合調査

平成30年 (2018年) 12月 27日

住宅課

住生活総合調査について



 平成30年12月1日を基準日として、「平成30年住生活総合調査」を実施しました。調査に御協力いただきました皆様、ありがとうございました。


1 調査の目的


住生活総合調査は、住生活基本法に基づく住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上で必要となる基礎資料を得るために、居住環境を含めた住生活全般に関する実態や居住者の意向・満足度等を総合的に調査するものです。調査は5年ごとに実施しています。


2 調査の対象


「住生活総合調査」は、10月1日に実施した「住宅・土地統計調査」に回答された世帯の一部に対して実施します。山口県の平成30年調査では、無作為抽出した約4,700世帯に調査をお願いいたしました。


3 調査項目


〇現在の住宅と、住宅まわりの環境の評価について

〇現在のお住まい、以前のお住まいについて

〇今後のお住まいについて



4 調査結果の利用


調査の結果は、国、県等が、住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上での基礎資料として利用されるとともに、広く一般の利用に供されます。



5 山口県の調査結果


※平成30年住生活総合調査は、現在集計中です。

平成25年住生活総合調査結果

平成20年住生活総合調査結果

平成15年住宅需要実態調査結果



6 リンク


平成30年住生活総合調査(国土交通省HP)

平成30年住宅・土地統計調査(総務省HP)

お問い合わせ先

住宅課住宅企画班



お問い合わせ先

住宅課住宅企画班

閉じる