ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小児救急医療ガイドブック

ページ番号:0014467 更新日:2022年10月3日更新

 県では、小児の救急場面における家庭での対応方法やいざという時の連絡先等をまとめた「山口県小児救急医療ガイドブック」を改訂しましたので、お知らせします

1 主な内容

 「必携!子ども救急~休日・夜間の受診の手引き~」

  • 急病のときの対応
    (発熱、嘔気・嘔吐、下痢 等)
  • お医者さんへの上手なかかり方
  • いざという時の連絡先
    (小児救急医療電話相談(#8000)、「やまぐち医療情報ネット」ホームページ 等)

2 対象年齢

生後1か月から6歳まで

3 配布先

  • 県内小児科標榜医療機関
  • 市町、健康福祉センター
  • 医師会等関係機関 等

必携!子ども救急 (PDF:1.62MB)

【変更のお知らせ】

 令和4年10月1日から、山陽小野田市急患診療所で実施している休日の小児一次救急が宇部市休日・夜間救急診療所での広域対応に切り替わりました。

(参考)山陽小野田市ホームページ https://www.city.sanyo-onoda.lg.jp/site/smile-ageing/kyuukyuuiryoutaisei.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)