ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総合企画部 > 広報広聴課 > 県政ワンショット・トップ

本文

県政ワンショット・トップ

ページ番号:0126354 更新日:2022年8月17日更新

8月​

8月6日・「エコっちゃデイinレノファ山口」を開催

​​イベントに出席した村岡知事の写真

脱炭素型ライフスタイルの実現に向けて

プラスチックごみの削減に向けたワンウェイプラスチック代替製品の利用や県が作成した「ぶちエコアプリ」の活用などによる、脱炭素型ライフスタイルへの行動変容の促進・定着を呼び掛けるため、レノファ山口FCなどと連携した「エコっちゃデイinレノファ山口」を開催しました。イベントに出席した村岡嗣政知事は、環境に関するクイズやトークに参加し「プラスチックごみの削減など脱炭素型ライフスタイルに取り組んでみてください」と県民の皆さんに呼び掛けました。

担当課:環境政策課

8月5日・「元気創出!どこでもトーク(分野別)」を開催

​​ご意見をお聞きする村岡知事の写真

農業者団体の皆さんからご意見をお聴きしました

県では、県民の皆さんのご意見を県政運営や施策の立案に生かすため、知事が様々な分野で活躍されている方々からご意見をお聴きする「元気創出!どこでもトーク(分野別)」を開催しています。3回目となる今回は、「山口県農業を次世代につなげていくために」をテーマに、山口県立農業大学校にて県内の農業者団体の皆さんからご意見をお聴きしました。

担当課:広報広聴課

8月5日・全国知事会「デジタル庁および総務省への要請」に出席

​​要請をする村岡知事(デジタル庁)要請をする村岡知事(総務省)

デジタル社会の実現に向けて

全国知事会は牧島デジタル大臣及び金子総務大臣へウェブ方式による要請を行いました。全国知事会デジタル社会推進本部長として出席した村岡嗣政知事は、全国知事会が取りまとめた「デジタル社会の実現に向けた提言」に基づき、デジタル田園都市国家構想の実現、デジタル社会を支える人材の確保・育成、デジタルインフラの整備促進、マイナンバー制度の抜本的改善など、デジタル庁、総務省に関連する項目について、国の取り組みの推進や地方の取り組みへの強力な支援などを求めました。

担当課:デジタル政策課

8月5日・窓口相談支援システムの実証に向けた連携と協働に関する協定の締結式を開催

​​記念撮影をする村岡知事の写真

「やまぐちDX」創出への取り組み推進に向けて

山口県、山口県町村会、(株)アイシン及び(一財)山口県デジタル技術振興財団は、昨年度阿武町で実施した「シビックテックチャレンジYAMAGUCHI」の成果である窓口相談支援システムについて、県内全6町において導入に向けた実証に取り組むこととし、これに関する協定の締結式を行いました。村岡嗣政知事は「全国をリードする取り組みに積極的に挑戦し、県民の皆さまが、これまで以上の豊かさと幸せを実感できるデジタル社会を実現できるよう、全力で取り組んでまいります」とあいさつしました。

担当課:デジタル政策課

8月2日・「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を開催

​​ご意見をお聴きする村岡知事の写真

周南地域の皆さんからご意見をお聴きしました

県では、県民の皆さんのご意見を県政運営や施策の立案に生かすため、知事が地元で活躍されている方々からご意見をお聴きする「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を、8地域で順次開催しています。4回目となる今回は、下松市の株式会社山下工業所を視察後、周南総合庁舎で周南地域(下松市・光市・周南市)で活動されている9人の方からご意見をお聴きしました。

担当課:広報広聴課

8月1日・「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を開催

​​ご意見をお聴きする村岡知事の写真

岩国地域の皆さんからご意見をお聴きしました

県では、県民の皆さんのご意見を県政運営や施策の立案に生かすため、知事が地元で活躍されている方々からご意見をお聴きする「元気創出!どこでもトーク(地域懇談会)」を、8地域で順次開催しています。3回目となる今回は岩国市の小橋農園を視察後、岩国総合庁舎で岩国地域(岩国市・和木町)で活動されている7人の方からご意見をお聴きしました。

担当課:広報広聴課

 

 

〈過去の掲載分〉