ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境生活部 > 男女共同参画課 > 成年年齢引下げに伴う性暴力被害の予防について

本文

成年年齢引下げに伴う性暴力被害の予防について

ページ番号:0138032 更新日:2022年3月23日更新
成年年齢引き下げに伴う広報
 本年4月1日から成年年齢が引き下げられることに伴い、18歳、19歳の方は、親の同意がなくても契約ができるようになる一方で、未成年であることを理由とした契約の取り消しができなくなります。
 こうした中、性的な行為の撮影をするという認識がないままモデル等の名目で契約し、性的な映像の撮影を強要される、いわゆるAV出演強要問題など、性暴力被害についての注意がより一層必要となっています。
 もし、気づかないままアダルトビデオ等の出演契約を締結したとしても、不当な手段によって締結された契約であれば、年齢に関わらず契約を取り消すことができます。
 県では、このような性犯罪・性暴力の被害を受けた方に、医療的支援、心理カウンセリング、法律支援などの支援を行っています。「やまぐち性暴力相談ダイヤルあさがお」にお電話ください。