ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 観光スポーツ文化部 > 国際課 > 多文化共生・地域日本語教育の推進について

本文

多文化共生・地域日本語教育の推進について

ページ番号:0017683 更新日:2022年8月4日更新

地域日本語教育の推進に向けて

「地域日本語教育推進事業」について

 山口県の在住外国人数は、その数・割合とも年々増加しており、今後もこの増加は続くと考えられます。

 このような中、外国人住民が地域社会の一員として、日本人と共に生きていく「多文化共生社会」の実現に向けて、お互いのコミュニケーションを促進していくことが求められています。
 そのため、外国人の方が生活に必要な日本語能力を身につけることができるよう、地域における日本語教育の環境を整備していくことが必要です。

「地域日本語教育推進事業」についての画像

 山口県では、令和2年度から、文化庁の「地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業」を活用し、公益財団法人山口県国際交流協会をはじめ、市町、関係団体等と連携し、地域における日本語教育の環境整備等を下記のとおり進めています。

 県民の皆さまには、地域日本語教育の推進に向けて、ご理解・ご協力をいただくとともに、多文化共生や地域日本語教育に関心をお持ちの方は、ぜひとも積極的にご参加いただきますようお願いします!

総合調整会議の開催

 県が取り組む「地域日本語教育推進事業」を効果的かつ円滑に進めていくため、県内の有識者・外国人住民等の方々に委員として、また、関係する県の各課(労働政策課・義務教育課・高校教育課)にオブザーバーとしてご参加していただき、意見交換・情報共有を図る場を設けます。

 令和4年度委員名簿(敬称略) (PDF:103KB)

第1回会議を開催しました!

  • 日時:令和4年5月13日(金曜日)10時00分~11時30分
  • 場所:山口県政資料館第1会議室

地域日本語教育コーディネーターの配置

 この事業(地域日本語教育推進事業)の調整・進行役として公益財団法人山口県国際交流協会に「地域日本語教育コーディネーター(PDF:465KB)」を配置しています。(総括1名、地域1名の計2名)

 コーディネーターは、市町や関係団体と連携し、地域日本語教育に係る環境整備や人材育成に取り組むとともに、地域日本語教育に関わる方や日本語を学習したい外国人の方への助言・相談対応も行います。

 経験豊かなコーディネーターがお話を伺いますので、「外国人に日本語を教えてみたい」、「教材や教え方についてアドバイスがほしい」、「地域日本語教室や人材を紹介してほしい」等、地域日本語教育に関することなら何でもお気軽にご相談ください!

地域日本語実施地域の拡大(特に未実施地域における教室開設支援)

 現在、山口県では、瀬戸内側を中心に県内19の全ての市町に在住外国人がいます。
 学校や教育事業者以外の「生活に必要な日本語学習の場」である地域日本語教室は、11市に17教室が開設<外部リンク>されており、8市町については未開設となっています。

 そこで、地域日本語教室が開設されていない市町を中心に、希望する在住外国人が日本語を学習できる環境の整備に取り組んでいきます。

「日本語で話そうin柳井市」(柳井市)を実施しました!

柳井市モデル事業の様子【第1回】

  • 日時:令和4年6月30日(木曜日)10時~12時
  • 内容:インタビューをしよう(自分のことを伝える・相手のことを知る)
       ※開始前に日本人参加者を対象としたオリエンテーションを実施
        (担当:淺田地域日本語教育総括コーディネーター)
  • 講師:田辺ひかり氏(地域日本語教育コーディネーター)

【第2回】

  • 日時:令和4年7月21日(木曜日)10時30分~12時
  • 内容:伝統行事について話そう
  • 講師:田辺ひかり氏(地域日本語教育コーディネーター)

地域日本語教育を支える人材の拡充

 県内の地域日本語教室においては、運営を支える人材(講師・スタッフ)の多くを占めるボランティアの確保や、学習する外国人の国籍やニーズの多様化に伴う対応等が課題となっています。

 そこで、地域日本語教育を支える人材を新たに養成するとともに、既に現場で地域日本語教育に携わっている人材のスキルアップを図ることで、人材の裾野拡大と水準向上の両面に取り組んでいきます。

 また、地域日本語教室の教室間交流を促進することで、参考となる事例やノウハウの共有し、各教室のスキルアップ及び活動の活性化を図ります。

日本語ボランティア入門講座(オンライン)を実施しました!

【第1回】

  • 日時:令和4年5月28日(土曜日)10時~12時
  • 内容:日本語ボランティアの役割と日本語教室でのコミュニケーションの工夫

【第2回】

  • 日時:令和4年6月11日(土曜日)10時~12時
  • 内容:外国人にとっての日本語を知ろう
       ~知っておくと教室で役立つ日本語の「あれこれ」~

入門講座の様子3【第3回】

  • 日時:令和4年6月25日(土曜日)10時~12時
  • 内容:“やさしい日本語”の活かし方~文化庁「生活者としての外国人」のための
       日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」を使って~

「やさしい日本語」の普及啓発

 外国人の方に日本語を習得していただく一方で、日本語を母語とする私たちが伝わりやすい日本語を使うよう配慮する必要もあります。

 そこで、日本人と外国人のコミュニケーションをより円滑なものとしていくため、「難しい言葉を使わない」「本当に伝えたいポイントを絞ってわかりやすく表現する」といった視点に立った「やさしい日本語」の普及啓発に取り組んでいきます。

やさしい日本語講座(オンライン)を実施しました!

  • やさしい日本語講座(オンライン)の様子日時:令和4年6月4日(土曜日) 10時~12時
  • 方法:オンライン
  • 対象:県内に在住又は通勤・通学し、やさしい日本語に関心のある方
  • 講師:仙田武司氏(公益財団法人しまね国際センター 多文化共生推進課長)
  • 内容:「やさしい日本語」に関する講演及びワークショップ
  • リーフレット:やさしい日本語講座(オンライン) (PDF:252KB)
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)