このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 管財課 > 県立施設のご案内 > 旧県会議事堂復原・第1期保存修理工事の内容

平成26年 (2014年) 8月 5日

管財課

山口県旧県会議事堂復原

Old Prefectural Assembly Building

8 第1期保存修理工事の内容


内容

工事名称

重要文化財山口県旧県会議事堂保存修理(第1期)工事

工期

平成10年10月~平成12年2月(約16ヶ月)


第1期工事は、仮設・解体・調査の各工事を行いました。

具体的に、旧議会棟全体を仮設物で覆い、建物の部材や材料を解体してその老朽度を調査し、保存復原するための実施設計を行うためのものです。


(1)仮設工事

外部周囲全体に仮設足場を組み防音シートで覆い、解体・調査時に風雨の影響を受けないよう、建物全体に素屋根を設置しました。


(2)解体工事

1階2階の床、内壁の漆喰、屋根の瓦を中心に部分解体を進めました。

「議場」は昭和35年に大きく改造が加えられており、また吹抜けであるため耐震補強が必要で、1階床、2階傍聴席部分を中心に全面的に解体を行いました。


(3)調査工事

解体した部材について、その腐食状況や老朽度を調べ、その部材が使えるか、取り替えるか等を調査しました。また、壁の塗装部分などを剥がし、大正期当初の材料や色はどうであったか等も合わせて調査を行いました。


その後本格的な復原・保存の工事は、構造補強工事(平成12年2月から12月)を経た後、平成12年12月から着手しました。


図面、模型

仮設足場・素屋根立面図

<仮設足場・素屋根立面図>

部分解体概要図

<部分解体概要図>

模型写真(仮設工事前)

<模型写真(仮設工事前)>

模型写真(仮設工事後)

<模型写真(仮設工事後)>


9 構造補強工事の内容へ


このページの先頭へ



ご利用案内

所在地

山口市滝町1番1号 電話 083-933-2268

交通案内

(バス利用)県庁前下車徒歩1分

開館時間

9時~16時30分

閉館日

毎週月曜日、祝日(ただし、5月5日、11月3日は開館)、年末年始(12月28日~1月4日)

入館料

無料


お問い合わせ先

山口県庁管財課

電話:083-933-2210

電子メール:a10600@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

総務部

閉じる