ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 教育庁 > 地域連携教育推進課 > AFPYの推進「アクティビティ集」

本文

AFPYの推進「アクティビティ集」

ページ番号:0026581 更新日:2021年11月1日更新

​アクティビティ集

活動の一場面

 AFPYアドバイザーをはじめとした指導者の方や、AFPYに関心をもち学ぼうとされる方の支援として、アクティビティ集を作成しました。AFPYの手引き及び下記の留意点を踏まえた上で、御活用ください。

1 アクティビティ集の見方について

見方の例

A

活動名

他の資料では、異なる名称で同じ活動を指す場合もあります。

B

活動の分類

目安として、下記のとおり、活動の分類を表しています。

同じ活動でも、ファシリテーターの意図や展開の仕方によって、違った効果を持つことがあります。

知り合い、親しくなるための活動

互いに知り合い、楽しみながら親しい関係を築く

緊張をほぐすための活動

苦手、恥ずかしいと感じても、失敗を恐れずに積極的に行動するようになる

意思疎通(コミュニケーション)を図るための活動

互いに意見や感情を的確に伝え合えるようになる

課題解決のための活動

効果的にコミュニケーションをとって協力し合う経験をする

信頼関係を確認する活動

仲間といることで自分は守られていると実感する

C

活動のねらい(例)

参考となるねらいを示しています。しかし、あくまで例ですので、これらに限定されず、対象の実態やファシリテーターの意図によって適切に設定し、活動を仕組むことが大切です。

D

人数

活動の計画や実施にあたっての目安を表しています。実際に活動する際には、活動の様子をイメージして適切に設定してください。

E

対象

F

時間

G

場所

H

道具

活動に必要な物品について示しています。活動によっては、別の物で代替することも可能です。

I

活動の流れ

活動を行うための手順を示しています。また、◎は振り返り等に生かせる活動のポイント、□は別のルールや展開の仕方の例、●は活動を実施する際の留意点を示しています。

J

囲み線

実線の枠囲みは、身体接触を伴う活動。破線の枠囲みは、新型コロナウイルスの感染防止のため、マスクを着用した上で、非接触で行うことのできる活動を表しています。しかし、活動によっては密集場面が生じる場合もあるため、注意して実施してください。

2 アクティビティ集

 活動の分類に即して大まかに整理していますが、活動によっては複数の分類にまたがるものもあります。実際に体験した上で取り組むようにしましょう。

知り合い、親しくなるための活動

じゃんけんを使う活動(PDF:817KB)

名前を使う活動(PDF:384KB)

鬼ごっこ系の活動(PDF:633KB)

円になって行う活動(PDF:953KB)

いろいろな活動(PDF:480KB)

緊張をほぐすための活動

意思疎通(コミュニケーション)を図るための活動

コミュニケーションを促す活動(PDF:436KB)

課題解決のための活動

課題解決の活動 (PDF:2.85MB)

信頼関係を確認する活動

信頼関係を確認する活動(PDF:386KB)

3 参考文献

 アクティビティ集の作成にあたって参考にした文献です。

  • 藤村寿、『AFPY入門「やまぐちふれあいプログラム」の理論と実践』、宮崎製版、2005
  • プロジェクトアドベンチャージャパン、『グループのちからを生かす』、みくに出版、2005
  • 諸澄敏之・プロジェクトアドベンチャージャパン、『みんなのPA系ゲーム243』、杏林書院、2005

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)