ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 山口県教育委員会 > 組織別検索 > 学校安全・体育課 > 子ども元気調査・山口県の子どもの体力の状況

本文

子ども元気調査・山口県の子どもの体力の状況

ページ番号:0026747 更新日:2021年11月1日更新

山口県子ども元気調査(体力・生活調査)集計ソフト

R3年度版集計ソフトは、各学校へ直接送付いたします。
(小・中学校については、市町教育委員会をとおして、県立学校へは直接送付)

令和2年度山口県子ども元気調査の結果

  • 令和2年度の調査は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止としました。

令和元年度山口県子ども元気調査の結果

  • 長座体前屈、立ち幅跳び、ボール投げについては、すべての校種において全国平均を下回る学年が多い。
  • 高校では、全国平均と同等以上、または上回る種目が多い。
  • 「ほとんど毎日運動や外遊びをしている」児童の割合は、小学校男子、女子ともに、減少傾向が見られる。
  • 「体育の授業以外に運動や外遊びをしている児童生徒の割合」は、小学校で減少傾向が見られ、体力の低下傾向に関係していると考えられる。
  • インターネットや携帯通信をしている児童生徒の割合は年々増加しており、中学生では2時間以上する生徒の割合はおよそ3割であり、増加傾向にある。
    R1用語の解説(PDF:216KB)

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成30年度山口県子ども元気調査の結果

  • 20mシャトルランは、全国平均と同程度以上の校種・学年が多い。
  • 「体育の授業以外に運動や外遊びをしている児童生徒の割合」は、小学校で減少傾向が見られ、体力の低下傾向に関係していると考えられる。
  • 就寝時刻が、小学生は22時、中学生は23時をこえる児童生徒は朝食を食べないことがある(「時々食べない」+「毎日食べない」)割合が大きくなっている。
  • テレビ視聴やテレビゲーム等の実施時間が長い児童生徒が、就寝時刻の遅い傾向にある。
  • インターネットや携帯通信をしている児童生徒の割合は年々増加しており、中学生では2時間以上する生徒の割合はおよそ3割であり、増加傾向にある。

H30用語の解説(PDF:215KB)

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成29年度山口県子ども元気調査の結果

  • 体力の状況については、持久力には優れているが、一方で筋力や柔軟性、跳躍力、投力等を課題とする傾向が続いている。
  • 「ほとんど毎日運動や外遊びをしている」児童生徒の割合は、男子がおよそ7割、女子がおよそ5割であった。
  • 小・中学校ともに「朝食を毎日食べる・ほとんど毎日食べる」児童生徒の割合は9割程度で、小・中学校ともわずかに減少した。
  • テレビ視聴やテレビゲーム等の実施時間が長い児童生徒が、就寝時刻の遅い傾向にある。
  • インターネットや携帯通信をしている児童生徒の割合は年々増加しており、中学生では2時間以上する生徒の割合はおよそ2割である。

H29 用語の解説(PDF:284KB)

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成28年度山口県子ども元気調査の結果

  • 運動頻度の高い児童生徒は、体力総合評価が高い傾向にある。
  • 朝食の摂取状況がよい児童生徒は、運動をよくする児童生徒の割合が大きい傾向にある
  • 就寝時刻が、小学生は22時、中学生は23時をこえる児童生徒は朝食を食べないことがある割合が大きくなっている。
  • テレビの視聴時間やゲーム実施時間が長い児童生徒は、就寝時刻が遅くなる傾向がある。
  • 読書冊数の少ない児童生徒は、テレビ視聴時間やゲームの実施時間が1時間以上となる割合が、大きい傾向がある。

H28 用語の解説(PDF:284KB)

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成27年度山口県子ども元気調査の結果

  • 「運動の意識」や「運動頻度」が高い児童生徒は、体力が高い傾向にある。
  • 「朝食の摂取状況」がよい児童生徒は、運動をよくする児童生徒が多い。
  • 「テレビの視聴時間やゲームの実施時間」が長い児童生徒は、就寝時刻が遅くなる傾向がある。

H27 用語の解説(PDF:284KB)

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成26年度山口県子ども元気調査の結果

  • 「ほとんど毎日運動や外遊びをしている」子どもは、小中学校ともに男子7割程度、女子5割程度である。中学生女子では、昨年度と比較して「運動や外遊びをしない」生徒が減少し、「ときどきする」生徒の割合が増えている。
  • 「朝食の摂取」については、小中学校ともに9割程度である。食べない理由としては「食欲がない」「時間がない」等が多くなっている。
  • 「1か月に読む本の冊数」は、小中学校ともに1~3冊と回答した子どもの割合が最も大きくなっている。本を読まない理由としては「読みたい本がない」「時間がない」等が多くなっている。

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成25年度山口県子ども元気調査の結果

  • 体力の状況については、昨年度と同様に持久力に優れているが、筋力や柔軟性等に課題がある。→各校の実態に応じた重点取組等
  • 体力総合評価が高い児童生徒は、1日の運動時間が長く、運動頻度が高い傾向がある。→運動時間の確保、運動習慣の形成

※平成25年度からは、近年の社会状況等の変化を踏まえ、生活調査の項目を見直した「子ども元気調査」により、子どもの実態把握に努め、取組の一層の充実を図ることとしている。

子ども元気調査実施の概要

子ども元気調査結果データ

平成24年度山口県体力・生活調査の結果

  • 体力は引き続き向上の傾向にある。また、運動習慣の状況についても改善の兆しが見える。
  • これは、平成23年度からの「体育科・保健体育科授業の改善と充実」「1校1取組(授業以外での取組)の推進」「家庭・地域と連携した取組の促進」の3つを柱にした各学校の取組の成果であると考えられる。
  • しかし、昭和60年頃との比較では、本県の子どもの体力はまだまだ低い水準である。今後、一層の体力向上を図っていくためには、「早寝・早起き・朝ご飯・運動」のより良い生活リズムの形成する取組の充実なども必要である。

体力・生活調査実施の概要

体力・生活調査結果データ

平成23年度山口県体力・生活調査の結果

  • 体力は、子ども元気創造の推進に取り組み始めた平成16年度以降向上しているものの、小・中学校の女子については、平成22年度から十分な向上を果たせていない。
  • 全国平均との比較では、持久力、敏捷性に優れているものの、筋力、柔軟性、調整力に課題がある。
  • 体育の授業以外に毎日運動や外遊びをする子どもの割合は、生活調査を始めた平成17年度以降、減少の傾向にある。特に小・中学校ともに女子は、その傾向が顕著である。

体力・生活調査実施の概要

体力・生活調査結果データ

【参考】体力調査各項目に係る体力の要素

体力調査項目

体力の要素

握力

筋力

上体起こし

筋力 筋持久力

長座体前屈

柔軟性

反復横とび

敏捷性 調整力

20mシャトルラン

全身持久力

持久走

全身持久力

50m走

敏捷性 瞬発力(筋パワー)

立ち幅とび

瞬発力(筋パワー) 調整力

ソフトボール投げ・ハンドボール投げ

調整力 瞬発力(筋パワー)

※調整力…神経の働きによって、運動中の姿勢を調整してバランスをとったり、運動を機敏に巧みに行ったりする能力
※筋パワー…筋力とスピードの積

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ