ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 農林水産部 > 農業振興課 > 土壌診断・施肥計算ソフト

本文

土壌診断・施肥計算ソフト

ページ番号:0022345 更新日:2022年6月1日更新

1 『できすぎ君』の利用場面

 植物が生育する土壌は、平均すると地球上に15cmしかありません。この薄い土壌からなるべく多くの食料を得るために、土づくりがおこなわれてきました。

 土づくりは、ほんの少し前までは、特殊な対策(客土や排水対策)を除くと、堆肥や有機物等の施用や休閑が主でした。近年になって合理的な土づくりの羅針盤と言える土壌分析が可能になりました。
しかしながら土壌分析は手間や費用がかかるわりに分析結果の活用が難しく、自己流の判断で失敗する人も少なくありません。

 土壌診断・施肥計算ソフト『できすぎ君』の目指す目的は、土壌分析結果から土づくりや生育改善の提案を簡単に引き出すことです。

 『できすぎ君』による土づくり(生育改善)は、あなたが利用している肥料の施肥量の提案という形で行われます。
最新版では、簡単に利用できるように3ステップで、圃場面積当たりの施肥量が計算できる機能を加えました。

 また、土壌分析とは無関係ですが、『できすぎ君』には「成分量だけの施肥設計」を「お好みの肥料での施肥設計」に変換する機能もあります。もちろん有機質肥料のみを使った施肥設計も可能です。

 土壌診断・施肥計算ソフト『できすぎ君』、土壌分析計算ソフト『けーさん君』、分析結果シート作成ソフト『ならぶ君』は、自己責任で利用していただければ、どなたでも自由に利用できる無料のソフトです。(関連するすべてのことに関して、いかなる補償もしません。)

 『できすぎ君』、『できすぎ君の診断基準値』は、国や都道府県の一般的な分析方法(「土壌機能モニタリング調査のための土壌、水質及び植物体分析法」)で利用できます。不明な場合は、土壌を分析された機関にご相談ください。

2 概要と使い方

  1. できすぎ君2020 概要ver1.6(PDF:1.27MB)
  2. できすぎ君2020 使い方(PDF:3.95MB)
  3. 土壌診断入門 ver9.1(PDF:2.34MB)
  4. リスト型肥料計算機についてver.2(PDF:672KB)

3 ソフト(クリックするとダウンロードできます)

  1. 土壌診断_施肥計算ソフト_できすぎ君2020 ver1.65 (その他:1.65MB)
    土壌分析値から任意の肥料の施肥量を計算し、診断処方箋を作成します。
    付属機能として、成分量だけの施肥設計を、任意の肥料の施肥設計に変換できます。
  2. 土壌分析計算ソフト_けーさん君 v6.84(その他:626KB)
    土壌分析で得られた測定値を計算し、できすぎ君で利用できる形に変換するソフトです。
  3. 分析結果シート作成ソフト__ならぶ君 v2.52(その他:280KB)
    単年度や多年度にわたる土壌分析の結果をできすぎ君で利用できる形に変換するソフトです。
  4. リスト型肥料計算機 ver.2.24 (その他:270KB)

4 診断基準値

必要な作目の診断基準値をダウンロードして保存し、できすぎ君で取り込んでください。
火山灰、普通土壌の選択は、できすぎ君に取り込み後にも変更できます。
火山灰土壌、普通土壌で基準値は異なりますが診断基準値のファイルは共通です。

Ver15.1 診断基準値一覧(Excel:23KB)

(1)普通作物の土壌診断基準値(3品目)

(2)野菜の土壌診断基準値(36品目)

(3)果樹の土壌診断基準(9品目)

(4)花きの土壌診断基準値(9品目)

(5)その他の土壌診断基準値(2品目)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)