このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 人事委員会事務局 > 職員採用情報 > 採用試験・職員採用Q&A

平成31年 (2019年) 4月 1日

人事委員会事務局

職員採用Q&A

採用試験


Q1 公務員試験を受けたいのですが? 地方公務員試験を受けたいのですが?


A 一般に公務員試験は、国家公務員試験と地方公務員試験に分かれます。国家公務員の採用については、人事院中国事務局(TEL082-228-1183)、地方公務員のうち市町職員(消防職員を含む)の採用については、ご希望の市町役場へ直接お尋ねください。


トップへ戻る

Q2 受験資格はどのようになっているのですか?


A 各試験とも、年齢による制限がありますが、原則として学歴は問いません。例えば大学卒業程度試験というのは、大学卒業(見込)者が対象ということではなく、大学卒業程度の問題による試験という意味です。ただし、警察官については、性別、学歴により試験区分が分かれています。また、一定の資格・免許などを必要とする職種もありますので、詳しくは各試験の「受験案内」で確認してください。


トップへ戻る

Q3 試験職種及び募集人数の決定はいつごろですか?


A 各試験の受験案内・申込書の配付開始日(実施日程をご覧ください)に発表します。


トップへ戻る

Q4 今年度実施される職種は、昨年度と同じですか?


A 試験を実施する職種は年度によって異なりますので、実施される職種、採用予定人数については、各試験の「受験案内」で確認してください。


トップへ戻る

Q5 それぞれの試験の併願は可能ですか?


A 受験資格を満たし、試験日が重ならなければ併願は可能です。


トップへ戻る

Q6 県外出身者、転職者等は不利なのでしょうか?


A 受験資格を満たしていれば出身地、職歴、年齢、学歴、性別などによる有利・不利は全くありません。ただし、身体障害者採用選考については、山口県内に居住する身体障害者の雇用の促進を図ることを目的として実施しているため、原則として山口県内に住所を有する方を受験資格としています。


トップへ戻る

Q7 試験会場は選べますか?


A 会場が数ヶ所に分かれている場合には、原則としてご希望の会場で受験できます。ただし、受験申込み後の、試験会場の変更は原則認められません。詳しくは各試験の「受験案内」で確認してください。なお、大学卒業程度試験、社会人経験者等採用試験及び保健師採用試験の第1次試験については、県内のほかに東京、大阪にも試験会場を設けています。


トップへ戻る

Q8 車椅子で試験を受験することができますか?


A 車椅子で試験を受験できますので、予めご連絡ください。その他、受験に際してご要望のある場合は、事前にご連絡ください。


トップへ戻る

Q9 第1次試験の時は、どのような服装で行ったらよいのですか?


A 服装については特に指定はありません。ご自分が筆記試験を受験しやすいと思われる服装で受験してください。


トップへ戻る

Q10 第2次試験の面接日時は、変更してもらえますか?


A 面接試験は、人事委員会事務局が指定する日に行います。面接日時の変更はできませんので、予めご了承ください。


トップへ戻る

Q11 過去の教養試験や専門試験の問題は公表していますか?


A 過去の試験問題の公表はしていませんが、試験問題の出題方法や難易度等について知っていただくため、例題を公表しています。「山口県職員採用試験の例題等」をご覧ください。 なお、出題分野・出題数については各試験の「受験案内」に記載しています。


トップへ戻る

Q12 試験の成績を知ることはできますか?


A 受験者本人が直接山口県人事委員会事務局にお越しいただくと、試験の成績の開示をいたします(山口県個人情報保護条例に基づく「口頭による開示の申し出」)。開示内容・開示期間等については各試験の「受験案内」でご確認ください。なお、電話等では口頭による開示の申し出はできません。


トップへ戻る

Q13 試験に合格すると必ず採用されますか?


A 本人が辞退する場合や、必要な資格・免許が取得されていない場合を除いて、原則翌年の4月1日に採用されます。


トップへ戻る





採用後


Q14 配属や異動はどうなっていますか?


A 新規採用者は、本庁及び出先機関に配属され、その後、一般的には3年程度のサイクルで異動して、幅広い知識と経験を養い、視野を広めます。


トップへ戻る

Q15 女性が働きやすい職場ですか?


A 仕事内容、配属、異動、昇任など、男女の区別はありません。また、育児休業や子の看護休暇などを男性職員も取得することができるなど、出産や子育てを支援する制度が整備されており、男性も女性も、仕事と家庭を両立させやすい環境です。


トップへ戻る

Q16 残業はありますか?


A 職場によって異なりますが、イベントや会議の準備、あるいは短期間で対応・処理しなければならない業務がある場合などに残業しなければならないことがあります。


トップへ戻る





お問い合わせ


Q17 人事委員会で行っている職種以外に県職員の募集はありますか?


A 学芸員、船員などは、必要に応じて選考による試験を実施しています。詳しくは窓口をご覧ください。


トップへ戻る

Q18 採用試験について聞きたいことがあるのですが、質問できますか?


A 質問については、人事委員会事務局任用班へ、メール(shiken@pref.yamaguchi.lg.jp)または電話(083-933-4474)にてお問い合わせください。




トップへ戻る

お問い合わせ先

人事委員会事務局任用班



お問い合わせ先

人事委員会事務局任用班

閉じる